無料のメルマガ登録で園長先生必見の

  • 幼稚園コンサルタントが書いた「幼稚園の選び方!」
  • 新時代の広報戦略「園児募集対策の重要ポイント」
  • ママの子育てに「五本指の心チェック&アドバイス」
    3大特典PDFをプレゼントいたします!

PR入門ブログ

幼稚園の広告ツール制作についてお役立ち情報をご紹介します。

 

「親子教室の案内チラシ」作り方のポイント-6

投稿者:安堂達也  公開日:2015年12月7日

 

時刻

今日も実際のピーアール制作の際の注意事項を、具体的なチェックポイントとしてお伝えしていきます。  

 

まずはチラシの制作からです。  

集客において一番鍵となる入園前の親子教室のチラシです。

親子教室チラシ制作のチェック   では、参ります。

 

 

  □6.いつ、どこで、何をするのか、明確に伝えた

 

 

 

自分たちでチラシを作るときに、意外と盲点なのが、「いつ、どこで、何をするのか」がこぼれてしまうことです。

 

 

 

●いつ・・・月・日・時間、特に「受付時間と開始時間が決められていて、中途から参加したり中途退出したり出来るのかどうか」。主催者側は、親子教室は一斉だから、時間枠が決まっているもの。園庭・施設の開放は、時間内の出入り自由。そんな風にわかっていますが、はじめての保護者は、それもわからない場合もあります。

 

 

●どこで・・・「幼稚園」と書いている園も多いですが、幼稚園のどこのお部屋でやるのか。また、始めての人へのご案内は、交通案内の地図も必要ですね。

 

 

●何をするのか・・・親子教室であれば、その活動の内容を。園庭開放であれば、コーナー遊びや一斉の絵本読みなどがあるのかどうか。

 

こうしたポイントが、保護者目線で伝えられているかどうか、見直していくことがとても大切です。

 

 

 結論。

そんなことはわかっているだろう、という思い込みを疑う。

 

 

 

ページの先頭へ

その期待にお応えします!

「園児を集める49のヒント」の著者安堂達也の広告会社・安堂プランニングに、ご相談下さい。

通話料無料[平日9:00~17:00] 0120-36-2023

お問い合わせフォームはこちらです