無料のメルマガ登録で園長先生必見の

  • 幼稚園コンサルタントが書いた「幼稚園の選び方!」
  • 新時代の広報戦略「園児募集対策の重要ポイント」
  • ママの子育てに「五本指の心チェック&アドバイス」
    3大特典PDFをプレゼントいたします!

PR入門ブログ

幼稚園の広告ツール制作についてお役立ち情報をご紹介します。

 

ピーアールのコンセプト

投稿者:安堂達也  公開日:2015年7月13日

 

5

今日も幼稚園のピーアールを考えます。
広告を作るときには、その目的を明確にすることが大切です。
 
5つのポイント
で説明します。
 
 
1)意図 「知らせる」のか「集めるのか」
これは以前お話した「周知」か「集客」かを考えて、
周知であれば、よりインパクトを持って印象的に作る。
集客なら、行きたくなるように作る、ということです。
 
2)対象 具体的には「誰に」知らせたいのか
漠然とした「子育て中のママ」よりも、
「一人目の子育てに不安がいっぱいのお母さん」や、
「伸び伸びとしたたくましい子に育って欲しいと願うお母さん」などと
具体化したほうが届きます。
 
3)誘導
結局「どのような行動を」促したいのか
この広告を見た人に、どうして欲しいのか、
その行動を明確に記します。
つまり、電話を下さい。ホームページを見て下さい。
お友達を誘って来て下さい。などです。
 
4)需要
それは「待望の」情報か「お呼びでない」情報か
ボージョレーヌーボーは、ワイン好きには「待望」です、
だから・・・お待たせしました!

酒飲むがワイン馴染みでない人は「それで?」
なので・・・お試しください!

幼稚園の知名度や人気度で、需要は変わってきますね。
 
5)時期
タイミングはいつがベストか
バレンタインディのためのチョコも、
その日を過ぎれば安売りされます。売れ残るからです。
保護者が必要と考えるベストなタイミングはいつか、と考えましょう。
競合の動きも視野に入れて。
 
 
結論。
 
広告づくりのスタートは「誰に何を伝えるのか」から

 

ページの先頭へ

その期待にお応えします!

「園児を集める49のヒント」の著者安堂達也の広告会社・安堂プランニングに、ご相談下さい。

通話料無料[平日9:00~17:00] 0120-36-2023

お問い合わせフォームはこちらです